株式会社オーエム製作所

関 健作(開発室)

1.現在の業務内容、仕事のやりがい

平成26年(2014年)入社 平成26年(2014年)入社

 現在は、工作機械(立旋盤)を作るにあたり、必要な部品の設計や、お客さんの要求する資料の作成などをしています。設計では、まず構造を考え、どのような部品が必要か、どうすれば干渉しないのかを考えCADに描きます。自分で書いた部品が工場で実際に機械の一部として取り付けられている様子を見たときに設計の楽しさを味わえます。資料作成については、たとえばお客さんの要求する特殊な仕様の機械の構造を考えたり、機械全体がどのような形状になるのかを実際に描いてみるというものです。開発では初号機を担当することもあるので難しいとは思いますが、できた時の喜びは格別だと思います。

 まだまだ駆け出しでわからないことも多くありますが、技術者として日々成長できる環境にあると思います。

2.今までで一番印象に残ったこと、これからの目標

 今までに作ったことのないものを作ることがあり、まだ知識が乏しい状態のときに上司や外注設計との打ち合わせをする機会があったのですが、こうするにはあれが問題だ、というのが何点もあり、ものづくりの難しさを改めて実感しました。しかしその中で問題を改善していき、実際に図面に起こし、それを業者に作ってもらい、組み付けをし、一つのユニットになってできあがったものを工場で目にしたときにとても感動しました。

 いつか自分も一から構想をし、その中でも不具合が発生しないようなものを作り出したいです。そのために知識や技術力を高めていき、設計者として人に認めてもらえる存在にいち早くなりたいと思っております。

3.入社のきっかけ、学生へのメッセージ

 入社のきっかけは、生まれ育った地元で、高校時代から学んできたものづくりに携われる仕事をしたいというのが一番です。さらにオーエムは海外に展開を進めており、地元・長岡から世界に視野を向けて仕事ができるということがとても魅力的でした。

 学生時代に学んだことも大切ですが、入社してから学ぶことの多さに最初は苦労すると思います。ですが機械のことを知っていくうちにやりがいや楽しさを感じ、仕事に対しての意欲があがってくると思います。どの職種でもそれは感じることができると思いますが、オーエムの機械のように非常に大きいものを作れるというのは大きな魅力だと思います。