株式会社オーエム製作所

石瀬 貴之(設計部 機械設計課)

1.現在の業務内容、仕事のやりがい

平成26年度(2014)入社 平成26年度(2014)入社

 私は、機械設計課に所属し、工作機械の設計をしています。現在は主にお客様の要求に応じた機械部品の選定を行っていますが、時には初めて作るものもあるため、その時は新たに要求仕様を満たす機械を設計します。設計は機械の動作や部品の干渉、剛性や強度、利便性や安全性など様々な事を考慮にいれて図面を描くため、大変に感じる事もありますが、その分、機械が問題なく動いた時には達成感を感じます。また、考えなければならない事が多い分、色々な事を学べるところもこの仕事のやりがいだと思います。

2.今までで一番印象に残った事、これからの目標

 部品の設計で単純ミスをしてしまった時です。設計はものづくりの上流にあたるため、部品を加工する機械課や部品を組立てる組立課、他にも資材や生産管理、各部署に影響が出ます。失敗した時は各部署に調整して頂くなどして助けていただきましたが、各部署の事を考えた設計の必要性や設計の段階のミスがどれだけの影響を与えるかを改めて痛感しました。

 今の目標は機械のイメージをしっかり頭で作れるようになる事。設計者はイメージした構想を図面に起こしていきます。機械の構造を把握していないと正確な設計ができないと思っているため、先輩方の仕事を見てどんどん吸収していきたいと思っています。

3.入社のきっかけ、学生へのメッセージ

 元々、私は機械に興味があり、何か特徴のある面白そうなもの作ってみたいという思いがありました。そのような中、オーエムの工場見学に行くと、工場の大きさに驚き、立旋盤の大きさに驚き、スケールの大きさにワクワクしました。こんな大きい機械を作ってみたい、そう思ったのがきっかけです。

 就職活動はやはり辛いと思います。しかし、皆さんが30年以上お世話になるかも知れない企業を決めるのですから、どんなことがあっても前を向いて、納得のいく会社選びをしてください。