株式会社オーエム製作所

行司 旭良(設計部 機械設計課)

1.現在の業務内容、仕事のやりがい

平成26年度(2014)入社 平成26年度(2014)入社

 私は機械設計課に所属し、現在、工作機械の一種である立旋盤の設計に携わっています。業務は機械を製作するための図面を描く、納入後の機械のメンテナンス部品の照会など多岐にわたります。機械設計課の業務は機械を製作する工程の中でも上流工程に位置し、問題があれば下流工程の方々に迷惑をかけてしまうだけでなく価格や納期に直接影響を与えてしまう責任のある仕事です。

 一番のやりがいは自分で描いた図面が正しく伝わり様々な人の手により形になることです。

2.いままで一番印象に残ったこと、これからの目標

 自分が育ってきた町の工場に機械が納入されていることを知り、昔から外観しか見たことのない工場の中に自社の機械が納まって稼動していることに感動しました。また、私が生まれるよりもずっと前に納入された機械がまだ現役で稼動しているなど機械の寿命が長く、ずっと使っていただけるということが印象的でした。
これからの目標として、お客様の要望に対して提案し、より良い機械をつくれるよう柔軟なものの見方、考え方を身につけたいと考えています。

3.入社のきっかけ、学生へのメッセージ

 就職活動をする上で、私は昔から機械に興味があったので機械の設計がしたいと漠然と考えていました。その中でも、ものづくりを根底から支える工作機械に魅力を感じオーエム製作所に応募しました。入社を決めたのは工場見学をした際に実際に機械を見学し、機械のスケールの大きさと要求される精度などの性能とのギャップに技術力の高さと仕事に対してのやりがいを感じたからです。

 就職活動では様々な業種の企業を見ることができます。興味の有無に関わらず様々な企業を見るべきだと考えています。様々な業界を見ることができる数少ない機会であり、様々な製品やサービスを知ることで今後の仕事にも役立つと思います。