株式会社オーエム製作所

PWL-1260N(門型NC車輪旋盤)

PWL-1260N(門型NC車輪旋盤)

本機は軸箱を外した状態の輪軸について車輪踏面を左右同時に自動で計測・削正を行う機械です。

JRの新幹線や在来線・私鉄各社・地下鉄など、普段通勤・通学で利用する身近な交通においても安全性や乗り心地の向上のために定期的なメンテナンスが実施されています。

そういったメンテナンス用設備機械においても、オーエム製品は取り入れられており、日々品質の向上に活躍しています。

主な特徴

  1. 高剛性の一体門型コラムと、高精度大径スピンドルの採用により、重切削が可能
    最大20㎜(直径値)
     
  2. 切屑処理がスムーズ
    全閉型カバー採用によるスムーズな切屑処理
     
  3. 全自動で計測可能
    車輪踏面直径、フランジ厚さ、フランジ高さ、車輪巾、
    内面間距離、内面の振れ、踏面の振れ
     
  4. 10本の切削工具を搭載
    予備ツールのセッティングが可能

主な仕様

加工可能車輪径

  • 最大加工径(素材):1260mm
  • 最小加工径(仕上り径):680mm

主軸台(ヘッドストック)

センター高さ(レール面から) 750mm
面板直径 1360mm
クランプ直径 爪台中心直径 最大 1100mm
最小 600mm
面板間距離 ゲージ1067の時 加工位置 2250mm
待機位置 3300mm
ゲージ1435の時 加工位置 2620mm
待機位置 3670mm
面板回転速度 2~48min-1
(無段変速)
最大切削力 44100N
最大回転力 43600N・m
最大許容車輪質量 2500kg

刃物台

X軸(上・下)移動量(1刃物台) 535mm
Z軸(左・右)移動量(1刃物台) 595mm
切削送り速度 X軸 0.1~3.0mm/rev
Z軸 0.1~3.0mm/rev
早送り速度 X軸 5000mm/min
Z軸 7000mm/min
タレット割出数 10ポジション

機械質量

機械本体 58000kg
油圧ユニット 800kg
制御盤 900kg